安全への取組み情報

■□■安全に関する取り組み■□■

日本観光株式会社では安全への取り組みとして『企業理念』『安全に関する基本方針』を定め、全社的に周知徹底する為に社内に掲示するとともに社員全員にこれらの事項を明記したカードを常に携帯させ暗唱を義務付けています。

 

【企業理念】

[1]お客様サービスを第一とし、真心ある接客を目指します。

[2]社会規範と企業モラルに沿った経営を行い効率性を高め企業価値を高めます。

[3]安全運行を徹底し環境保全に努めます。

 

【安全に関する基本方針】

輸送の安全に関する法令及び関連する規程を遵守し、厳正かつ忠実に職務を遂行すること。

 

■PDCAサイクルによる輸送の安全向上

日本観光株式会社の社長は、全社員に「安全輸送」が事業経営の根幹である事を深く認識させることにより、安全に関する声を真摯に受け止め、安全に関する計画の策定(Plan)、実行(Do)、チェック(Check)、改善(Act)を確実に実施し、安全対策を絶えず見直し且つ実行し、全社一丸となって輸送の安全性の向上に努めます。

安全運行のためのサポート体制ならびにASV(=先進安全自動車)技術搭載車両の導入

 ・24時間の乗務員サポート体制(サービスエリア停車ごとに車両、健康状態の報告を義務付け)

 ・遠隔地におけるIT機器採用による点呼体制(画像伝送アルコールチェックシステム)

 ・年2回の健診。SAS(睡眠時無呼吸症候群)ならびに脳ドック検診の実施

 ・乗務員に対する安全教育(年間計画および外部講師による教習。安全運転教習所への入所 等)

 ・交通事故抑止の為、警察主催の無事故・無違反コンテスト等への積極参加

 ・ドライビングシミュレーターの導入(運転者適正診断システム)

 ・デジタル式運行記録計に基づく安全運転指導

 ・ドライビングレコーダーに基づく安全運転指導(車両内外の映像記録装置)

 ・GPSとドラレコ組合せによる運転監視(リアルタイム画像伝送)システム

 ・アクティブ・アテンション・アシスト。運転時の疲労、集中度監視(注意力モニター+顔認識カメラ)

 ・衝突被害軽減ブレーキ(AMB)の採用(被害軽減を意図した衝突時の速度自動低減装置)

 ・衝突被害軽減ブレーキ(ABA3)の採用(AMBを進化させた衝突被害軽減制動装置)

 ・超音波バックソナーシステムの採用(対人・対物等 接触、衝突回避警告ならびに安全運転支援装置)

 ・車線逸脱警報装置(LDWS)の採用(車線自動感知システムによる逸脱の注意喚起装置) etc.

 ・車両挙動安定装置(ESP)の採用(車両姿勢の不安定感知によるエンジン出力、ブレーキ制御システム)

 

■旅客輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

○平成29年 事故防止重点実施項目【日本観光/日本高速バス 共通】
・安全確認の徹底
・社内規定速度の厳守 最高速度95Km/以下
・有責事故率 走行10万Kmあたり  0.15件 以下(当面目標:連続無事故日数 200日の達成)

 

◇平成28年度 ・日本観光   /内部監査〔本社営業所〕の実施(平成29年 3月24日)

                       内部監査〔大阪営業所〕の実施(平成29年 3月29日)

           ・日本高速バス/内部監査〔京都営業所〕の実施(平成28年12月10日)

◇平成27年度 ・運輸安全マネジメント評価実施(道路運送法94条に基づく)

           平成27年11/25~11/26  日本観光㈱      〔第1回〕

                                日本高速バス㈱ 〔第2回

◇平成26年度 ・運輸安全マネジメント評価実施(道路運送法94条に基づく)

           平成26年12/17~12/18  日本高速バス㈱ 〔第1回

 

◆平成28年度 自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0 件

◆平成27年度 自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0 件

◆平成26年度 自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0 件

◆平成25年度 自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0 件

 

◆近畿運輸局長 無事故表彰

◇日本高速バス株式会社 平成29年春受賞(1期)

◇日本観光株式会社    平成28年春受賞(1期)